*

手相の見方! 男性が気になる仕事運はここでわかる

公開日: : 雑学

手相の見方!
男性が気になる仕事運はここでわかる


男性は特に気になる仕事運。
これを手相ではどこの線なのでしょうか。
そこで、簡単にわかる
仕事運の線をお教えいたします。

よくわかる手相の基礎知識

手相は一般的に「生命線」、「知能線」、
「感情線」、「運命線」の4つの手相が有名です。
「生命線」は健康状態や行動力などをあらわしています。a
「知能線」は頭の良さや頭の回転の速さをあらわしています。
「感情線」は性格や感情をあらわしています。
「運命線」は仕事や社会的な運勢をあらわしています。

スポンサードリンク

出世する手相の特徴


出世する手相は大きく分けて4つあります。
・・・その手相の特徴・・・
◆運命線がはっきりしている
力強い線がはっきりとまっすぐ
伸びている人は仕事運がキテます。
社会的な成功を手にしやすく、
ポジティブな人に多い相です。
◆向上線がある
生命線の途中から
人差し指の方向に延びている線です。
この線がある人は運気が上がり、
努力が認められるかも。
出世のチャンスがあると言えます。
◆太陽線が長い
薬指の下にあらわれる珍しい線です。
はっきりとした長い線がある人は
出世するかもしれません。
社会的な成功を手にした人に多い相です。
◆ますかけ線がある
指導者として天才的な資質を持った人に
あらわれる線です。
カリスマ性の高さで
人々を惹きつけると言われていますが、
油断をしていると足元をすくわれる
可能性があるので注意が必要です。

出世をするには
行動的になることが大切!!


出世をする手相である運命線は、
変化がわかりやすいです。
その変化の要因は自身の内面が
あらわしていると言われています。
そのため、運命線にあらわれているのは
その人の充実感と言えます。
このことから、出世をするためには
ポジティブに行動していくことが大切です!!

スポンサードリンク

関連記事

礼服と喪服(男性)の違いは何? わかりやすく解説

礼服と喪服、フォーマルとしていつでも使えるように いくつかクローゼットにしまってあると思います。

記事を読む

お墓参り代行バイトの仕事内容と報酬は?求人ってある?

お墓参り代行バイトの仕事内容と報酬は? 求人ってある? 世の中にはいろいろな変わったアルバイトが

記事を読む

礼服と喪服は同じじゃないの? 違いをカンタン解説

身内に不幸があり、突如お葬式に出なくては行けなくなった時、 服装に困ったという方はいらっしゃいませ

記事を読む

これは便利! 写真のプリントはコンビニで簡単キレイ!

あなたは、コンビニでも 写真のプリントができることを知っていましたか? 手軽に自分で写真を印

記事を読む

ヤシの実ジュースってどんな味がするの!?南国へ行ったら飲んでみたい!

沖縄や、南国の国に行くとよく「ヤシの実ジュース」を見かけるのではないでしょうか?とてもインパクトのあ

記事を読む

これでOKズッキーニの育て方! 病気になった時はどうする?

きゅうりに似た外見のズッキーニ。 実は、かぼちゃの仲間なんですよ。  

記事を読む

大掃除でスッキリ! 場所ごとのお掃除方法を知れば一気にキレイ!

一年に一度の大掃除。 お風呂場やキッチン・リビングなど 部屋ごとの掃除方法って、 どうした

記事を読む

手相の見方 どの線が女性にとって 金運アップを意味するの?

最近悪いことが多いなぁ、 金運はどれくらいなのかなぁと 気になることはないでしょうか?

記事を読む

端午の節句に兜を被る意味とは?

待ちに待った、GWがもうすぐそこまで来ていますよね。 GWと言えば、なんと言ってもこどもの日、端午

記事を読む

彼岸花の花言葉と花の名前の由来は? 花言葉にこめられた思い

秋の夕暮れ。 田んぼに彼岸花が並ぶ風景って、 素敵ではないですか? わたしは彼岸花が大

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうすぐゴールデンウィーク! 子供連れ旅行のおすすめプラン!

長―いお休みが始まるゴールデンウィーク。 楽しみで楽しみでしかた

母の日のプレゼントは花以外がベター! お義母さんがもらって喜ぶプレゼントは?

母の日には赤いカーネーションが定番ですよね。 花ももらってとても

海外旅行保険のおすすめは? 学生さんこそ入っておこう

長い試練が終わり、晴れて卒業! 卒業旅行は、思い切って海外をお考

イチゴ狩りに行こう! 関西の穴場スポットを求めて大阪へ!!

イチゴがおいしい時期になりました♪ 嫌いな人はいないのではと思う

お盆用品の飾り方まとめ 【色紙の切り方】

お盆の飾りは、地域や宗派によって違います。 いろいろなお盆の飾り

→もっと見る

PAGE TOP ↑